WAREHOUSE|ウエアハウスカンパニー

MENU

NEWS & TOPICS

ホーム  »  トピックス  »  人気絶頂のDSBに新たなレアモデルを追加投入!

人気絶頂のDSBに新たなレアモデルを追加投入!

デッドストックのヴィンテージデニムが経てきた時間経過すらも表現した新たなデニム生地を採用しているウエアハウスのDEAD STOCK BLUE。全てのディテールとその生産工程において“これ以上ない” と言い切るほどの自信とこだわりが詰め込まれているシリーズに、また新たなモデルが追加された。

ウエアハウスの最高峰シリーズとして位置付けられているDEAD STOCK BLUE(以下、DSB)から新しいモデルが発表された。その新作は第二次世界大戦後に作られたデニムプロダクツがベースとなっている。注目すべきポイントは、戦後間もない’47〜’50年代頃にも関わらず“鉄製銅メッキボタン”を使用しているということ。通常この時代は鉄製ボタン(銅メッキなし)が使われるのが一般的だったが、なぜこの時代に存在していたのか。ウエアハウスの考察は以下の通りだ。
「大戦時はデニムブランドにも素材の使用制限がかけられたため大戦モデルが誕生しましたが、戦後にはその規制の解除が行われるため様々なアレンジが加わった個体が僅かながら存在しています。今回ベースとなったヴィンテージもその一つでボタン表のカバー部分のみに銅メッキが施されているのが特徴です。また別のヴィンテージにボタンの支柱のみに銅メッキが使われているモデルも存在していることからも、錆びやすかった鉄製ボタンを改良するべく銅メッキ処理にて防錆を試みたものだと考えています」
どんなに幻のモデルでもヴィンテージとして実在するものを細部まで分析し、当時の時代背景も読み解いていく——DSBシリーズを生み出す上で必要不可欠な作業と言えるだろう。

Dead Stok Blue

Lot.2001XX(2000XX) Copper-Colored Steel Buttons

1949年〜1950年にかけて作られたと思われるファーストタイプのデニムジャケットをDSBにて復刻。鉄製ボタンのカバー部分に銅メッキ処理を施しているため、よく見る鉄製ボタンのファーストモデルとは異なる顔つきなのが特徴。デニムはDSBのために開発した生地を採用し、その名のとおり長い年月を経たデッドストックデニムをイメージして作られた色合いとなっている。

最大の特徴とも言うべき銅メッキ加工を施した鉄製ボタン。経年による酸化で黒っぽく変化していく

銅メッキ処理がされているのは表面のカバー部分のみとなるため、ボタンの支柱は鉄がむき出しに

ボタンとボックスステッチの位置が不揃いとなる仕様。もちろんヴィンテージに忠実の仕様だ

ディアスキンの革ラベルは洗う度に収縮し、あえて変形しやすい素材を採用している

リベットは銅製。ポケットの外枠部分の縫製はオレンジのステッチで一筆で縫われているのが特徴

バックルの尾錠は針刺しから、針なしのアジャスタータイプに移行した直後をイメージして製作

Lot 2001XX(2000XX) 【Late 1940’s to 1950】 Copper-colored steel buttons

PRICE:36,000円+tax SIZE:36,38,40,42

ご予約ページはこちら
Dead Stok Blue

Lot.1001XX(1000XX) Copper-Colored Steel Buttons

上のジャケットと同時代に作られたモデルで1947〜1950年に作られたヴィンテージを再現しているDSBの新作モデル。ジャケットと同じくフロントフライに鉄製銅メッキのボタンを採用しているためセットアップで着用するのもおすすめ。シルエットは最も完成度が高いといわれる1947モデルを踏襲した時代のモデルのためオーセンティックなストレートとなる。

小ボタンのみ鉄製銅メッキを使いトップボタンは鉄製。ヴィンテージの個体の仕様を忠実に踏襲

ポケットの飾りステッチはオレンジの綿糸で施される。やや歪な縫製も当時のモデルを意識している

デニム生地はDSB専用の7.5番×7.5番の生地。ピンク糸のセルビッジは、経年褪色をイメージした

この時代のベルトループは太くセンターセットが特徴。’50年代中頃まで続き、後にオフセットとなる

コインポケット裏にもセルビッジが使われる。生地が横使いとなっているディテールも注目したい

ピスネームは上下に白いラインが入る。限られた時代にのみ使用された希少なパーツだ

Lot 1001XX(1000XX) 【Late 1940’s to 1950】 Copper-colored steel buttons

PRICE:29,000円+tax SIZE:28~34,36,38

ご予約ページはこちら

トピックス一覧

RECOMMEND

BRANDS

CONTENTS

OVERSEAS SHIPPING