WAREHOUSE|ウエアハウスカンパニー

MENU

NEWS & TOPICS

ホーム  »  トピックス  »  秋のヴィンテージスタイルを確立させるウエアハウスの新作アイテム

秋のヴィンテージスタイルを確立させるウエアハウスの新作アイテム

秋もだんだんと深まり、今年もまたアウターが楽しめる季節になってきた。そこで、これからの時期にぴったりなウエアハウスの新作アイテムを紹介する。どれも歴史的な背景を持ったプロダクツばかりで、ヴィンテージスタイルを楽しむのには欠かせないモノばかり!

Warehouse&Co.

Lot.2133 A-1 Style Wool Jacket

1930年前後に起こった世界恐慌の失業対策で生まれたアメリカの市民保全部隊(Civil Conservation Corps=通称CCC)が着用していたジャケットを忠実に復刻。CCCは陸軍管轄ではあるものの主に公共事業を行った。中でも森林伐採などに携わる部隊は通称フォレストアーミーと呼ばれ、彼らが防寒用として着ていたのがこのジャケットなのだ。デザインはフライトジャケットA-2ルーツであるA-1をウールに置き換えたモデルで、軽く防寒性にも優れているのが特徴。ミリタリー出自のワークウエアながら、どこか気品漂う雰囲気はこの冬に活躍するに違いない。

トップ糸で織られたウール生地は独特の弾力を持つ。様々な糸が混ざったメルトンはヴィンテージによくみられる仕様も再現

今季より刷新した段編みの袖リブにも注目したい。帯リブはネイティブアメリカンを彷彿させる柄となっており、雰囲気も抜群

ポケットフラップ裏には補強としてのツイル生地が張られている。ボタンはすべてナット製のものを使っているのが特徴

Lot.2133 A-1 Style Wool Jacket

PRICE:58,000円+TAX SIZE:36,38,40,42

ご購入ページはこちら
Warehouse&Co.

Lot.2134 All Melton Award Jacket

フライトジャケットの名作A-1ジャケットに起源を持つ穴かがりタイプのベースボールジャケットを再現。1930年代に誕生し、後にスナップボタンタイプやジッパータイプのいわゆるスタジャンに進化していく歴史的な背景を持っているのが特徴。温かみのあるアイボリーナットの大きなボタンが、ヴィンテージ感を一層高め、肉厚なメルトンで仕立てたボディはヴィンテージならではの独特な杢調の色目を持っている。

各部に配されたリブにはラインが入り、スポーティな雰囲気を醸し出す。モノトーンながらデザインのアクセントとしても効いている

温かみのある印象のアイボリーナットを削り出して作成したボタンが、スナップボタン式のスタジャンとは異なるクラシカルな雰囲気を醸す

裏地はフランネル生地を使っているため、すべりがよく着心地も抜群。もちろん保温効果もあるため、冬でも暖かく着られるのが嬉しい

Lot.2134 All Melton Award Jacket

PRICE:54,000円+TAX SIZE:36,38,40,42

ご購入ページはこちら
Warehouse&Co.

Lot.3027 Full Open Check Shirts

1920年代に存在していたワークシャツを忠実に再現した一枚。生地はコットンで、表裏に起毛がかけられた独特な風合いが特徴で、一見ボーダー柄に見えるが、よく見るとチェック柄になっているのもポイント。袖つけの縫製やポケット柄合わせなど、当時の既製品ながら手間のかかる仕様が随所にみられる。

使われるボタンの素材は、高級素材である貝殻を使っているため光が当たることで七色に反射するのが特徴

一見プルオーバーのようにも見える前立て部分。前立てから下はロックミシンがかけられているのが特徴

首元にはクラシカルなシャツの証であるチンストラップが備わっている。襟のカタチはややシェイプされた形状

Lot.3027 Full Open Check Shirts

PRICE:20,000円+TAX SIZE:36,38,40,42

ご購入ページはこちら
Warehouse&Co.

Lot.1202 U.S.Navy Denim Utility Trousers

1940年代〜’50年代にかけてUSネイビーで採用されたデニムパンツで、ヒップポケットにはNAVAL BEACH BATTALIONを示す「BATT」の文字が施されている。これはSEE BEESのような大隊で、敵地の沿岸など前線で支援を行う部隊である。フロントは陸軍のベイカーパンツのようなポケット形状だが、バックポケットはフラップが付かないパッチポケットが特徴。デニムを素材にしたネイビーならではの“ダンガリーパンツ” である。

赤いペンキで施されたBATTのステンシル。随所が掠れさせた表現も雰囲気抜群。デニムの褪色と共に雰囲気よくエイジングする

ボタンは海軍ならではの穴かがり式タイプ。海では腐食するため、鉄製ボタンは採用されなかった。穿きこむことでボタンのアタリを生む

フロントフライの裏側にはセルビッジ生地を使っている。デニムは経糸に8番、緯糸に10番を使ったライトオンス生地となっている

Lot.1202 U.S.Navy Denim Utility Trousers 無地

PRICE:19,000円+TAX SIZE:28~34,36

ご購入ページはこちら
Lot.1202 U.S.Navy Denim Utility Trousers プリント

PRICE:20,500円+TAX SIZE:28~34,36

ご購入ページはこちら

トピックス一覧

RECOMMEND

BRANDS

CONTENTS

OVERSEAS SHIPPING